めおとフーリガン工房

Prev Back to 'Words' Next


巻頭言 #033

2006年6月

ジーコさん、お疲れさまでした
06/29/2006
ジーコ前監督が帰国の途に。


ジズーの夏は続く
06/28/2006
決勝トーナメント1回戦のフランス、スペインに先制されるも、最後はジダン選手のダメ押し弾で3-1(1-1)と勝利。


PK戦前に「♪ケ・セラ・セラ」
06/27/2006
決勝トーナメント1回戦のウクライナ−スイス、スコアレスのまま延長戦でも決着が付かず、今大会初のPK戦へ。先鋒のシェフチェンコ選手が外すもスイスがゴールに叩き込めず、辛くも準々決勝進出を手にする。


主審が試合を盗んだ
06/26/2006
決勝トーナメント1回戦のポルトガル−オランダ、イエローカード16枚、レッドカード4枚と荒れたゲームコントロールの下、MFマニシェ選手のゴールをポルトガルが守り抜き1-0(1-0)、準々決勝進出を決める。


自分たちのスタイル貫ける羨ましさ
06/25/2006
決勝トーナメント1回戦のメキシコ、アルゼンチンを相手に延長までもつれ込むも、マキシ・ロドリゲス選手のスーパーボレーシュートに沈む。


ここからが本当のW杯です
06/24/2006
決勝トーナメント進出の16チーム決まる。アジア勢は全滅。


[再]かなりイヤ軍団
06/23/2006
グループリーグF組の日本、玉田選手のゴールで先制するも、ロナウド選手の2得点などで1-4(1-1)とブラジルに逆転負け。SAMURAI BLUE 2006 の挑戦、0勝1分2敗、グループリーグ敗退で終わる。


♪痛くなったらすぐテベス
06/22/2006
グループリーグC組のアルゼンチン、オランダとスコアレスドロー、ともに決勝トーナメント進出へ。


ジョー・コールの後ろ姿=猫ひろし
06/21/2006
グループリーグB組のスウェーデン、イングランドに対してロスタイムに2-2(0-1)と追い付き、ともに決勝トーナメント進出を決める。


シェフチェンコ !!
06/20/2006
グループリーグH組のウクライナ、エースの活躍でサウジを4-0(2-0)と圧倒。


スイスイスイス
06/19/2006
グループリーグG組のスイス、トーゴを2-0(1-0)で下し、勝ち点4で韓国と並ぶ。


うーん…
06/18/2006
グループリーグF組の日本、クロアチアと0-0ドローに終わる。


[得点者]貧相、美少年
06/18/2006
グループリーグD組のポルトガル、イランを2-0(0-0)と退け、決勝トーナメント進出を決める。


これが人生だ…
06/16/2006
グループリーグB組のパラグアイ、試合終了間際にスウェーデンに決勝弾を浴びて0-1と敗れ、グループリーグ敗退が決まる。


カルロス手乗り男
06/15/2006
グループリーグA組のエクアドル、見事なサイド攻撃でコスタリカを3-0(1-0)と破り、ドイツとともに決勝トーナメント進出を決める。


マノロおじさん登場
06/14/2006
グループリーグH組のウクライナ、退場者を出したせいもあり、0-4(0-2)とスペインに敗れる。


チェコでお口直し
06/13/2006
グループリーグE組のチェコ、EURO 96を彷彿とさせるさわやかにして華麗な攻守で、アメリカを3-1(1-0)と一蹴。


あんなもんでしょ
06/12/2006
終盤まで1-0でリードも逆転され、1-3の惨敗。


勝ち方はどうでもいい
06/11/2006
グループリーグF組の日本−オーストラリア戦を前に。


次だ、次
06/10/2006
グループリーグB組のパラグアイ、オウンゴールの1点でイングランドに逃げ切られる。


正しいW杯の始まりです
06/09/2006
前回大会の半島開催分は、なかったことになっています。


ねっ、世界のお約束でしょ
06/08/2006
ナビスコ杯準々決勝第2戦・G大阪戦、アレックス・ミネイロ選手の2ゴールで準決勝進出を決める。


痛ッ !!
06/07/2006
パラグアイ代表FWカルドーソ選手、ケガのため離脱。


名倉潤は日本代表が心配
06/05/2006
マルタ代表を相手に1-0(1-0)の辛勝。


サテライト奮闘ス
06/04/2006
0-0に終わるも、若手主体ではつらつプレー満載。


W杯まで待て ない
06/03/2006
ナビスコ杯準々決勝第1戦・G大阪戦を前に。



Prev Back to 'Words' Next