めおとフーリガン工房

Prev Back to 'Words' Next


巻頭言 #034

2006年7月

プレーオフに全力を
07/30/2006
なでしこジャパン、3位決定戦で北朝鮮に2-3(1-3)と敗れ、11月の北中米・カリブ海地区3位とのプレーオフに回る。


苦行の向こうにヘヴンが見える
07/29/2006
87分のフェルナンド選手の先制弾に続き、89分にはアレックス・ミネイロ選手のダメ押し弾で2-0(2-0)の勝利。


鹿島連敗ストッパーズ
07/28/2006
第16節・C大阪戦を前に。


希望はまだある
07/26/2006
なでしこジャパン、決定機を決められず、オーストラリアに0-2(0-2)と敗れ、3位決定戦に回る。


途中から見て途中で居眠り
07/26/2006
目覚めてみたら1-0(0-0)で勝利。


栃尾の厚揚げ90分食べ放題
07/25/2006
第15節・新潟戦を前に。


あと1勝
07/23/2006
女子アジア杯(兼W杯予選)のなでしこジャパン、中国を相手に、宮間選手のゴールを1-0(1-0)と守り抜き、A組1位で準決勝へ。


見に行かないと勝つようだ
07/22/2006
先制されるも結局は4-2(1-1)と勝利。


名倉潤は鹿島が心配
07/21/2006
第13節・FC東京戦を前に。


中断期間に何してたの?
07/19/2006
全体的に良いところもなく、2-4(1-1)と敗れる。


牛串リーグ再開
07/17/2006
第13節・川崎戦を前に。


アットホーム賞は誰の手に?
07/14/2006
2006JOMOオールスターサッカーを前に。


確かに「ジダンの大会」だった
07/11/2006
ヘディングは見事に枠を捉えていた…。


家政婦は見た
07/10/2006
決勝のイタリア−フランス、1-1のまま突入した延長後半、ジダン選手が乱暴行為で一発退場の波乱。PK戦までもつれ込むも、最後はイタリアが全員決めて、6大会ぶり4度目の優勝を手に。


ルーレットは回り続ける
07/06/2006
準決勝のフランス−ポルトガル、ジダン選手が決めたPKをフランスが守り切り、1998年フランス大会以来2大会ぶりの決勝へ駒を進める。


とどめはファンタスティックに
07/05/2006
準決勝のドイツ−イタリア、0-0のまま延長後半終了間際にグロッソ選手のゴールでイタリアが先制、直後にもデルピエーロ選手のダメ押し弾で2-0、1994年アメリカ大会以来3大会ぶり6度目の決勝進出へ。


中田ことにしてほしい
07/04/2006
ボルトンのMF中田英寿選手、現役引退を表明。


ジェラードのおでこの狭さは異常
07/03/2006

Jリーグ並み
07/02/2006
準々決勝のポルトガル−イングランド、スコアレスのままPK戦に。ポルトガルに凱歌。


結局ドイツ
07/01/2006
準々決勝のドイツ−アルゼンチン、1-1のまま延長戦でも決着が付かずPK戦に。最後はドイツが制す。



Prev Back to 'Words' Next