めおとフーリガン工房

Prev Back to 'Words' Next


巻頭言 #046

2007年7月

ビスが参加しなかったのは、
07/31/2007

鹿島人生に一区切り付いた
07/29/2007
本田前主将引退試合、懐かしい顔ぶれが揃った中、4-2(1-1)でヴェルディ1993を下す。本田選手もPKを決め、花を添える。ヴェルディ側も本気モードで好試合に。曇り、17262人。


最後の勇姿か…
07/27/2007
本田前主将引退試合を前に。


フリークス表紙の笑顔はCG合成か?
07/25/2007

反町監督に潰されるファン感
07/25/2007
U-22神戸合宿(7/27-7/29)に内田選手と増田選手が招集される。両選手はファン感謝デーには不参加。


藍ちゃん悔し涙
07/23/2007
米女子ゴルフツアーのHSBC女子世界マッチプレー選手権決勝、宮里藍選手は李宣和選手(韓国)に1アンド2で敗れ、全米初制覇ならず。
[さくら散る…]クラシエ・フィランソロピーLPGA最終日、横峯さくら選手はプレーオフで張娜選手(中国)に及ばず、2週連続のプレーオフで苦杯。


ジョルジ参加でナラもウハウハ
06/20/2007
ジョルジーニョ氏のメンバー入りが決定。ビスマルク氏は残念ながら不参加。


ビスの名前が見当たらない
07/19/2007
本田泰人引退試合の出場メンバーが発表。現時点で、ビスマルク、ジョルジーニョ両氏はリストアップされず。


見事だった川崎のファン感謝デー
07/18/2007
ファン感はチーム・選手とサポーターの距離を縮める絶好のチャンス。自らが身体を張って電撃ネットワークのパフォーマンスに参加した鈴木元社長時代が懐かしい。


アルゼン沈
07/16/2007
コパ・アメリカ決勝、ブラジルがアルゼンチンを3-0で下し、2大会連続8度目の優勝を果たす。


アシスタントが主役になった
07/15/2007
マルキーニョス選手の2ゴール、野沢選手の今季初ゴールとなる決勝弾で3-1(2-0、合計スコア3-2)と広島を下し、ベスト4に駒を進める。復帰の柳沢選手、小笠原選手も良い動きで勝利に貢献。
[アラビオ、アラバオ、アラ、ビンボンバン]コパ・アメリカ3位決定戦、メキシコがウルグアイを3-1で破る。


天気も戦い方も微妙
07/14/2007
ナビスコ杯準々決勝第2戦、ホームの広島戦を前に。
[修人くんのシュート]ジュニアユース出身のMF鈴木修人選手(市船−早大)の入団が内定。


「40」にして惑わず
07/13/2007
小笠原選手が12日、復帰会見。2年契約、背番号「40」。


結局は鉄板対決
07/12/2007
メキシコ、アルゼンチンに0-3と敗れ、ウルグアイとの3位決定戦へ。決勝はブラジル−アルゼンチン。


目指せ、招待国初優勝
07/11/2007
コパ・アメリカ準決勝、メキシコ−アルゼンチン戦を前に。


赤白軍団玉砕ス
07/09/2007
開始早々に退場者を出したパラグアイ、最後まで劣勢をひっくり返せず、0-6とメキシコに敗れる。アルゼンチン4-0ペルー。準決勝は、ウルグアイ−ブラジル、メキシコ−アルゼンチン。


前半終了
07/08/2007
前半の1失点を返せず0-1と敗戦。
[ブラジル、エンジン始動か]コパ・アメリカ準々決勝は、ベネズエラ1-4ウルグアイ、チリ1-6ブラジル。


アウェイゴールも重要
07/07/2007
ナビスコ杯準々決勝第1戦、アウェイの広島戦を前に。


どちらも応援したいが…
07/06/2007
コパ・アメリカC組のパラグアイ、アルゼンチンに0-1と惜敗、グループ2位通過となり、準々決勝ではメキシコと対戦する。他の組み合わせは、ベネズエラ−ウルグアイ、チリ−ブラジル、アルゼンチン−ペルー。


引き分けでも可
07/05/2007
コパ・アメリカC組、パラグアイ−アルゼンチン戦を前に。


君にハイタッチはできるかな?
07/04/2007
レンタル移籍していた小笠原選手、期間満了に伴い鹿島へ復帰。


腹゜具合絶好調
07/03/2007
コパ・アメリカC組、パラグアイがゴールド・カップ優勝のアメリカを3-1と退け、決勝トーナメントへ。アルゼンチン4-2コロンビア。


日本の手本がここにある
07/02/2007
コパ・アメリカB組、常連招待国のメキシコがエクアドルを2-1と破り、決勝トーナメント進出を決める。ブラジル3-0チリ。



Prev Back to 'Words' Next