めおとフーリガン工房

Prev Back to 'Words' Next


巻頭言 #050

2007年11月

映画になっても台詞なし
11/30/2007
第34節・清水戦を前に。自力優勝はないが、必要なのは全力で戦うこと。サッカーの神様は見てくれているはずだ。


観客を副審扱いした扇谷氏の罪と罰
11/28/2007
第33節・浦和戦で、観客席に向ってつばを吐いたとして退場処分となった船山選手に、Jリーグが2試合の出場停止処分を下す。心証で判断されては選手はたまらない。


エル・ゴラ紙の見出しと奇妙な一致
11/27/2007
「エル・ゴラッソ」紙11/26・27日号(全国版)3ページに、弊サイトのサブタイトルでもある「火事場の鹿力」の大見出しあり。11/24の巻頭言(15:59更新)は「見たか火事場の鹿力」。うちがエル・ゴラ紙並みなのか、エル・ゴラ紙がうち並みなのか。ちなみに初出は03/02/2002の「夢の発煙筒日記 #097『あやしい横断幕53』」。[参照]


見えない力が働いている
11/26/2007

「鹿島優勝」では困る方々がいる
11/25/2007
[極悪様の目にも涙]秋田選手の引退セレモニーが開催される。ご家族が日本代表、鹿島、名古屋、京都のユニフォームを身にまとい、最後の晴れ姿を見守る。


見たか火事場の鹿力
11/24/2007
前半から数的不利に立たされるも、野沢選手のゴールを最後は9人で守り切り、1-0(0-0)で勝利、最終節に望みをつなぐ。同時にJ最速300勝を達成、来年のACL出場権も獲得。


普通にやれば勝てる
11/23/2007
第33節・浦和戦を前に。


もう見られない「吠える極悪様」
11/20/2007
元鹿島の秋田選手(京都)、15年間の現役生活にピリオドを打つことを発表。


ドローで肩落とす姿に勝機あり
11/19/2007

オブラディに舞う船山
11/18/2007
ボランチで初スタメンの船山選手、左足を振り抜いたゴールが決勝弾となり、1-0(1-0)と勝利を収める。鹿島は7連勝で首位・浦和に4ポイント差と迫る2位に浮上。


♪日製のおばちゃん自転車操業で
11/17/2007
第32節・柏戦を前に。
[国立で「♪テキーラ」を]第86回全国高校選手権大会東京A代表決勝は、帝京が都つばさ総合を2-0で下し、5年ぶり32度目の全国切符を手中に。


代表よりオシム監督の容体が心配
11/16/2007
オシム日本代表監督、千葉県内の自宅で急性脳梗塞のため倒れ、病院の集中治療室で治療を受ける。


日本サッカーの命日
11/14/2007

「神様仏様稲尾様」が仏様に
11/13/2007
鉄腕で西鉄ライオンズの黄金期を担った稲尾和久氏が死去。享年70。


余計な2失点
11/10/2007
前半開始早々に失点する悪い癖が出たが、野沢選手の同点弾、マルキーニョス選手の2発で3-2(1-1)と逆転勝ち。


いい思い出ない雨の横国
11/09/2007
第31節・横浜M戦を前に。


市役所経由は直行便と言えるのか?
11/08/2007
東京−鹿嶋間の高速バス、路線変更を発表。カシマスタジアム直行便は、当てにならない臨時のみになるとすると、困ったものだ。


元日に向って撃て!
11/04/2007
田代選手の先制弾、小笠原選手のダメ押し弾で2-0(1-0)と水戸を下し、5回戦・甲府戦へと駒を進める。
[策士、策に溺れる]小沢・民主党代表、「大連立」問題で代表辞任を表明。


レアルだろうがバルサだろうが
11/03/2007
天皇杯4回戦・水戸戦を前に。


空いた予定表
11/02/2007
ナビスコ杯決勝前日に思う。



Prev Back to 'Words' Next