めおとフーリガン工房

Prev Back to 'Words' Next


巻頭言 #054

2008年3月

三色傘には涙雨がよく似合う
03/30/2008
1-0とリードした後半早々から横浜の反撃に遭い、同点に追い付かれるも、途中出場のダニーロ選手の決勝弾で逃げ切り、2-1(1-0)と開幕3連勝を飾る。


マリノスを蜂の巣にしてやる
03/29/2008
第3節・横浜M戦を前に。


迷わせ外すなら招ぶな!!
03/27/2008
岡田ジャパンで6戦全部に出場してきた内田選手が、W杯3次予選・バーレーン戦のメンバーから外れる。理由は、3バックのWBでどこまで上がってどこまで下がればいいか不慣れなため、とか。試合はバーレーンが1-0(0-0)で勝利を収める。


モトがトラメガを持った理由
03/19/2008
当初は5-4-1と守備を固める相手に戸惑ったが、本山選手の先制弾を突破口にゴールラッシュ、6-0(1-0)で勝ち点を6に伸ばす。カシマ、7087人、曇り。


敬意で粉砕
03/18/2008
ACL第2戦・ナムディン(ベトナム)戦を前に。


ソガは違いを見せたかったに違いない
03/16/2008
ヒヤリとする場面が何度かあったが、後半途中交代で入ったダニーロ選手が起点となる活躍をマルキーニョス選手が生かし、2-0(0-0)と勝利、首位を守る。


害虫駆除
03/15/2008
第2節・東京ヴ戦を前に。


爆勝レッドカーペット
03/12/2008
灼熱地獄、人工芝と慣れない環境の中、15分の田代選手の先制弾を皮切りに、岩政選手、野沢選手の2発、マルキーニョス選手のハットトリック、途中出場の佐々木選手もキッチリと決め、終わってみれば9-1(3-0)の圧勝。


サボって勝つ
03/11/2008
ACL予選第1日・クルンタイバンク(タイ)戦を前に。


7-0
03/08/2008
PKを2本外すなど開幕戦特有の固さが見られたが、新井場選手の2ゴールなどで4-0(0-0)と幸先の良いスタートを切る。カシマ、晴れ、28152人。


「白い恋人」食べて気合十分
03/07/2008
第1節・札幌戦を前に。


巨悪は吹かせた奴と総括できない奴
03/03/2008
主催は日本サッカー協会と日本プロサッカーリーグ。責任を取らない責任者は無責任の極みである。今年も逆風を跳ね返して鹿島は頂点を目指す。


上等じゃねぇか
03/01/2008
2008ゼロックス・スーパーカップ、家本政明主審、名木利幸副審、武田進副審の不可解なジャッジで試合が壊された。結果は2-2(0-0、PK3-4)で鹿島の敗戦。国立霞ヶ丘競技場、晴れ、27245人。



Prev Back to 'Words' Next