めおとフーリガン工房

Prev Back to 'Words' Next


巻頭言 #059

2008年12月

真珠の輝きは永遠に
12/28/2008
全日本女子選手権準決勝のTASAKIペルーレ、INACレオネッサに1-4で敗れ、20年の歴史に幕を下ろす。田崎真珠の社員選手20人の今後については未定(西が丘、晴れ)。


モトヤンノ早期治癒ヲ願フ
12/26/2008
本山選手、先天性水腎症腎盂尿管移行部狭窄の手術を受ける。復帰まで4-6週間。


まあまあまともなベスト11
12/22/2008
2008Jリーグアウォーズが開かれ、鹿島からはDF内田選手(初)、DF岩政選手(2回目)、FWマルキーニョス選手(初)がベスト11に選出される。MVP・得点王はマルキーニョス選手、最優秀監督賞にオズワルド・オリヴェイラ監督、優勝チーム表彰は、もちろん鹿島アントラーズ。


世界マンU記
12/21/2008
FIFAクラブワールドカップ2008決勝・マンチェスター・ユナイテッド(ヨーロッパ代表、イングランド)−リガ・デ・キト(南米代表、エクアドル)、49分に退場者を出して10人となったマンU、キトの堅守を崩せないでいたが、73分にルーニー選手が決勝ゴールを決めで優勝を果たす(横浜国際、晴れ、68682人)。


歓喜の旗は振られず
12/20/2008
Jユースカップ準々決勝のG大阪戦、前半だけで3点のビハインドを背負った鹿島は48分に藤井選手が押し込み3-1と迫ったが、地力に勝るG大阪に1-6と敗戦。卒業する3年生の若鹿くんたち、本当にお疲れさまでした。新天地での活躍を期待しています(大宮公園サッカー場、晴れ)。


雨にしけたパチューカ砲
12/17/2008
FIFAクラブワールドカップ2008準決勝のパチューカ(北中米カリブ海代表・メキシコ)−リガ・デ・キト(南米代表・エクアドル)、リガ・デ・キトが2-0(2-0)でパチューカを下す。狭い局面でもショートパスで繋ぐサッカーのパチューカの戦いぶりが印象的だった(国立、雨、33336人)。


寂しい季節がやって来た
12/08/2008
MFマルシーニョ選手(クルゼイロから期限付き移籍)の契約満了が発表に。
[「大ちゃん」結婚]DF岩政選手が結婚することが発表された。おめでとうございます。


1年間のように長い1週間だった
12/06/2008
J34節のアウェー・札幌戦、序盤は左サイドで何度かチャンスメイクされるが、35分に野沢選手のミドルシュートが炸裂、その後はいつものグダグダサッカーで逃げ切り、6度目のリーグ優勝と12冠を飾る。マルキーニョス選手の得点王も確定。18勝9分7敗(得点56、失点30、+26)。



Prev Back to 'Words' Next