めおとフーリガン工房

Prev Back to 'Words' Next


巻頭言 #065

2009年06月

最高のリスタート
06/28/2009
Jリーグ第15節のアウェー・大分戦、後半早々に先制されるも、圧倒的なボール支配率で相手を圧倒。61分に小笠原選手のジャンピング・ボレー弾、72分に岩政選手にしては珍しい足での決勝弾で、2-1(0-0)と勝利。7連勝で首位をキープ(大分、晴れ、20391人)。


自滅
06/25/2009
AFC Champions League 2009のRound of 16、鹿島はFCソウルをホームに迎え撃つ。5分、興梠選手のゴールで先制するも追い付かれ、後半、50分には青木選手の得点で突き放すもまた追い付かれの展開に。64分には小笠原選手が2枚目のイエローカードで退場。試合は延長でも決着が付かず、PK戦に突入。曽ヶ端選手のファインセーブが続いたが、結局5-4で敗れる(カシマ、晴れ、8069人)。


一撃
06/20/2009
J第14節のホーム・磐田戦、興梠選手のゴールを守り切り、1-0(1-0)と6連勝を飾って首位を堅持、勝ち点を32に伸ばす(カシマ、21841人、曇り時々晴れ)。


アウェーに散る
06/12/2009
FIFA World Cup South Africa 2010南米地区予選が各地で行なわれ、パラグアイ代表は、25分にカバニェスのFKで先制するも、40分、49分と立て続けに失点、1-2(1-1)とブラジル代表に敗れて勝ち点を24から伸ばせず、3位に転落。今年に入ってから1分け3敗と未だに勝ち星なし。中断明け後のホーム・ボリビア戦からの残り4試合に全てをかける。


決まっちゃったよ…
06/06/2009
FIFA World Cup South Africa 2010アジア地区最終予選・ウズベキスタン戦の日本代表、9分の岡崎選手のダイビングヘッドによる1点を守り切り、4大会連続4度目の本大会出場を決める。



Prev Back to 'Words' Next