めおとフーリガン工房

Prev Back to 'Words' Next


巻頭言 #070

2009年11月

オズも怪しむ日程くん
11/28/2009
Jリーグ第33節のホーム・G大阪戦、興梠選手の個人技を生かした56分の先制弾、58分の野沢選手のループ弾で、常にリードしながら試合を進め、1点差に追いつめられるも即座に加点、終了間際にはカウンターから2点でダメ押し。終わってみれば5-1(5-1)の大勝。優勝まで残り1勝までたどりつく(カシマ、晴れ、35598人)。


集え、聖地に
11/28/2009
Jリーグ第33節、大一番のG大阪戦を前に。


地球には優しいアントラーズ
11/25/2009
我らが鹿島アントラーズ・エフ・シー、エコプログラム「食用油でチームトラックを動かそう!」で「クールビズ・アース2009」を受賞。


戻ってきた優勝へのメンタリティ
11/22/2009
Jリーグ第32節のアウェー・京都戦、36分に野沢選手がミドルシュートをゴールネットに突き刺して先制、その後も試合をコントロールして1-0(1-0)で勝ち点3をゲット。翌日には首位の川崎が大分に敗れ、鹿島が勝ち点60と2ポイント差でトップに躍り出る(西京極、晴れ、14043人)。


涙の質が違う
11/09/2009
Jリーグ第31節のホーム・山形戦、20分に興梠選手、49分にはマルキーニョス選手がPKをしっかりと決め、2-0(1-0)と勝利、首位の川崎を追走(カシマ、晴れ、20433人)。



Prev Back to 'Words' Next